きになるCMソング (洋楽編)

CMで使われている洋楽のCMソングを紹介しています。

CMソング その1100 エディオン EDION 企業CM

スポンサーリンク

CMキャラクター

セリーヌ・ディオン

(本当に本人なのかという疑問も出ていたようですが、セリーヌ・ディオン本人が出演、歌っています。)

CM曲

CMオリジナルで、放送地域によって歌詞の一部分(イシマル、エイデン、ミドリ、デオデオ)が変わります。

制作:愛印

作曲:林彰人

歌:セリーヌ・ディオン

セリーヌ・ディオンとは

カナダ・ケベック州(フランス語圏)出身の女性シンガー。大ヒット映画「タイタニック」の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を歌い日本でも広く知られるようになりました。

そんなセリーヌ・ディオンですが、実は日本企業のCMソングによく起用されています。

1990年にリリースされた英語デビューシングル「哀しみのハートビート」(Where Does My Heart Beat Now)は1992年に三菱自動車・エテルナのCMソングに起用され、1995年にリリースされた「トゥ・ラヴ・ユー・モア」 (with クライズラー&カンパニー)は2007年にパナソニックのデジタルビデオカメラのCMソングに使われました。

同じく2007年には「テイキング・チャンセズ」がトヨタ・ウィッシュのCMソングに起用されたり、伊藤由奈とのデュエット「あなたがいる限り〜A WORLD TO BELIEVE IN〜」はau LISMOのCMソングに起用されました。