きになるCMソング (洋楽編)

CMで使われている洋楽のCMソングを紹介しています。

CMソング その867 トヨタ 企業CM Re BORN

スポンサーリンク

CM名

「Re BORN」篇

ナレーション

田畑智子

CM曲

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲「G線上のアリア」(管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068から)

主なCM曲収録アルバム

iTunes Storeで試聴・購入

G線上のアリア

G線上のアリア

  • Cologne Chamber Orchestra & Helmut Müller-Brühl
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

AmazonでMP3を試聴・購入

J.S.バッハ: G線上のアリア

J.S.バッハ: G線上のアリア

G線上のアリアとは

ドイツの作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハの管弦楽組曲第3番のうち、「アリア」楽章に付けられた愛称。

現在では様々な場面で使われている曲ですが、この曲をサンプリングネタに使って世界的にヒットさせたのがドイツの音楽ユニット、スウィートボックス(Sweetbox)。その曲は1997年にリリースした「Everything's Gonna Be Alright」で、特にヨーロッパや日本で大ヒットし、日本ゴールドディスク大賞の洋楽部門を受賞しました。